【かんたん】ライトゲームロッドで楽しめるちょい投げの釣り方とオススメ仕掛け5選

fishingblog

ライトゲームロッド流用で楽しさと釣果が倍増する!?

本格的な投げ釣りといえば重いオモリを100m以上も投げて釣るイメージが強いですよね。投げ釣りで狙う代表的なターゲットは夏場のシロギスやマダイ、クロダイ、冬場にはカレイやアイナメなど四季を通して多彩な釣りになります。対して、投げ釣りをライトにして手軽にした釣りがいわゆるチョイ投げ釣りと言えます。

投げ釣りと同様のターゲットが狙えますが、ライトタックルを使うだけに、手持ちでどんどん近場を探っていくスタイルがメインとなります。特に人気なのが夏場のシロギスやハゼ釣りでしょう。

この手の釣りは他の竿でも流用が効くので楽しめることから人気があります。

今回は初心者の方やお子様もファミリーで楽しめてしまう『ちょい投げ釣り』

実は釣果に差が出るライトゲームロッドでの可能性や仕掛け、釣り方と仕掛けについて解説して行きます。

なぜライトゲームロッドなのか

ライトタックル(メバリングロッドやアジングロッド)でのメリットは

  • 「繊細なアタリが取りやすい」
  • 「ライトロッド専用の仕掛けの登場」
  • 「そもそものライトロッドの手返し良さ」

にあります。女性や初心者にも扱いやすく、低価格帯のロッドの存在や感度に優れたライトタックルをお持ちのアングラーも多いことから人気が集まっています。

オススメロッドは万能系

お手持ちのライトゲームロッドで構いませんが、新調をお考えの方やこれからライトゲームを始める方はこちらの記事を参考に見てみて下さい。

リールは1000番〜2000番

リールは小型のスピニングリールで、道糸は細いPEラインかフロロラインの1号ぐらいが楽しいと思います。ライトゲームタックルを使用する事で繊細なあたりをダイレクトに感じることが出来ます。

専用の仕掛け

ハゼやキスのような専用はもちろんのこと、ライトゲームロッドに対応する仕掛けもリリースされています。ここで気をつけることは錘(オモリ)の重さです。自身のライトゲームロッドに対応した物を選ぶことになります。

号数0.30.50.811.523
g数1.1251.8753.003.755.6257.5011.25
参考オモリg換算表

1.5号程度が人気の号数ですがルアーウエイトの懐が広いロッドでは3号クラスが人気となるようです。

オススメ仕掛け5選

ガン玉オモリにサルカンと針のシンプルな仕掛けで十分なのですが、結束が多くなくライトゲームロッドに対応した仕掛けを今回はご紹介いたします。

owner 段差ブラクリ

ブラクリ仕掛けの中でもこちらは底をズル引きさせやすく2本針なのでキャッチ率がいいのでオススメです。道糸に接続するだけなので初心者の方も嬉しいですね。餌も当然ながら2本へつけるので片方が取られても当たりが続きます。

owner ハゼ片天秤

ハゼ専用ながら扱いやすく人気の仕掛けです。釣り場ですぐに使え、ハリス止めに挟むだけなので煩わしい結束は必要ありません。替えの針も3本入っているので根がかりがあっても安心です。

ハヤブサ ポケットスタイル

ズル引きしやすい形状と飛距離が出ます。人気で品薄になるほどです。針は2本針で餌の持ちを良くする返しが付いた針が標準装備なのが嬉しいポイントです。輪っかをアイに装着しチューブを被せるだけの替えばりももう一本付属しています。

デコイ ショアゲー ショアドロップ

1.8g〜7gと軽めのウェイトがラインナップするショアドロップ。まさにライトゲームロッドにぴったりなこちらの仕掛けはアイにスナップを通し、針付きハリスをハリス止めにいれて引っ張るだけといたって簡単。坊主のがれ仕掛けのオモリにも流用出来ますね。針付きハリスを狙いの対象魚に合わせて別で購入してみて下さいね。

ハヤブサ ライトショット 立つ天秤 スマッシュ 

海底で立つから仕掛が漂い、底から浮いた大型キスなどが狙えます。コンパクトに折りたためラクラク収納出来るほか、安定した飛行姿勢&沈下姿勢で、よく飛び、仕掛が絡みにくいです。浮き上がりが早く、底切れが良いので根掛かり激減されているのも嬉しいポイントです。

最後に

いかがでしたか?ライトゲームタックルで狙うことで繊細なアタリを捉え引きを楽しみましょう!仲間や家族、カップルや夫婦でも気軽に挑戦することが出来ます。数釣りで美味しく頂ける魚を是非狙ってみて下さいね。

【注意】ゴミはきちんと持ち帰り、汚れたところはキレイにして帰りましょう!

コメント