【2022年版】厳選!スピニングリールのおすすめ10選

fishingblog

性能や価格帯も様々なスピニングリールは簡単に仕掛けやルアーを遠くに飛ばすことができます。スピニングリールは、前から後ろへハンドルを回転させることで糸を巻き取るのが基本です。ベールの開閉でコントロールするのが特徴で、糸が絡まりにくいので上級者〜初心者まで幅広く採用されています。スピニングリールの選び方のポイントを押さえてみましょう。

スピニングリールの選び方

スピニングリールのサイズ選択

スピニングリールを選ぶ際に重要なのは、自分がやりたい釣りの対象魚に合わせたサイズです。

スピニングリールは汎用性の高さが魅力ですが、狙うターゲットによって適した糸の太さ、さらには糸巻き量が異なります。選ぶ際はサイズやスペックを確認しておきましょう。

参考までに番手は小さいモノで1000前後から、大きいモノで30000程度まで。

目安としては、例えば小さい番手であれば小規模エリアで繊細に魚を狙う際に、大きい番手は大遠投してパワフルな大型魚を狙う際に適しています。

具体的には、1000〜2000番台は管理釣り場のトラウト、ソルトでは漁港でアジやメバルを狙うライトゲームに。

2000〜2500番はルアー全般、特にバスフィッシングやエギングのメインスペックになります。

3000〜4000番台は遠投をするために十分なラインキャパシティが必要となるシーバスや、サーフのヒラメなど、フラットフィッシュを釣る際の候補。

5000番台はオフショアで青物狙う際の目安となります。フィールドがより広大かつ、ターゲットがより大きくなればなるほど大きなスピニングリールが必要となるので、購入する際は意識しておきましょう。

ドラグ性能

スピニングリールには、大きな魚の引きや急激な負荷が掛かったときにラインの限界を超えてラインが切れないように自動的に送り出す機構「ドラグ」というものが付いています。

前述の釣りたい対象魚にリールサイズを合わせていれば基本的なドラグ性能は満たされている場合が多いです。

ドラグはフルロックの状態だとラインが切れやすく、逆に緩すぎるとわずかな力でもすぐにラインが滑り出してしまうため、細いラインになるほどしっかりとした調整が必要になります。最大負荷で表現されることが多いですが、それよりもドラグの設定がしやすいか、ラインを引き出されたときにスムーズに送ることができているかがチェックポイントになります。

手で引っ張って痛くない程度にドラグを閉めたら、ラインを引き出してみましょう。「ジー!」とスムーズに出るようなら問題はありません。逆に「ジッ、ジジッ!」と引っかかるようなら要調整か、あまり品質が高くないリールになります。

ドラグ性能は実際に試さないとわかりません。購入前に釣具店などに頼んでチェックさせてもらうとよいでしょう。

ギア比

スピニングリールの性能を決める要素にギア比というものがあります。ギア比とは、ハンドルを1回転させるごとの糸巻き量を比率で表したものです。一般的に、ギア比が5後半~6:1あたりがノーマルギア、それよりも低い比率をローギア、高い比率をハイギアとしています。

ギア比が高くなるとハンドル一回転で巻けるラインの量が長くなりますが、ハンドルは重くなります。ギア比が低いと巻き取れる長さは短くなりますが、ハンドルは軽くなります。これはルアーで使うのか、重りを使って投げるのかによっても印象が変わりますが、今から買うのであれば(ギア比の高い)ハイギアをおすすめしておきます。

海水仕様・淡水仕様の確認を忘れずに

リールには、淡水と海水に適したものがあります。海釣りであれば、海水が入り込まないように隙間を処理して防錆加工が施された海水対応のものがあります。リールを購入する際は、海水に対応しているタイプかどうかを確認しましょう。淡水の釣りでも高い防水と防錆の海水仕様を使用している方もいます。

一般的にリールのなめらかさはベアリング数や各部の素材のよさで決まり、それらは価格に比例する傾向があります。

まずは低価格なリールから釣りを始めるのも手ですが、初心者の人にこそ、長く快適に楽しむためにある程度性能のしっかりした壊れにくい中価格帯のリールをおすすめします。

スピニングリールのオススメ10選

ダイワ フリームス

180gという軽さで繊細な操作が求められるライトルアーを使用した釣りで活躍。ダイワ独自の基準であるライトタフやザイオンという超軽量な素材をローターに使用するといった軽量化へのこだわりが詰まっています。またタフデジギアを搭載し、ノイズを抑制しながらも滑らかな回転を長く続かせることができます。

シマノ ヴァンフォード

マグナムライトローター軽量化に成功しつつ、左右非対称の構造が操作のしやすさと感度のよさを実現しました。ベールの開閉角度も広くすることで、不意のベール返りもしくくなっています。さらにロングストロークスプールで2500番手なら従来の4%飛距離がアップ。今までルアーが届かなかったポイントまで届くことも期待できます。

ダイワ カルディア

21年モデルには素材にザイオンVとモノコックボディを採用し、剛性は向上させつつ省スペース実現しました。広くなってスペースにこれまで入らなかった大きなギアも搭載できるのでよりパワフルに活躍します。またマグシールドの液体で液体を防ぐという防水機能により、従来からさらに高い防水構造となりました。

アブガルシア ロキサーニ

ボールベアリングには全体に撥水コートを施しており、ソルトウォーターで使用したときにも塩噛みしにくくなります。またドラグワッシャーが組み替えられるようになっていて、釣種や釣法に合わせて好みの状態にドラグの効きを変えることが可能。そのため幅広い状況での活躍が期待できます。

シマノ ナスキー

今回のモデルからサイレントドライブが搭載されており、ガタつきへの対策もできています。Gフリーボディによって重心を手元に近づけたのでキャストによる疲労を軽減。さらにHAGANEギアによって滑らかな巻き心地が長続きします。またコアプロテクトによる撥水処理で内部への浸水もガードされて使い勝手の良い機種です。

ダイワ レブロス

エアローターを搭載し、強度を保ちつつ大幅な軽量化に成功。それにより回転の感度が向上しました。ドラグにはATDを採用することでドラグ調整が少なく、ラインブレイクを防いでくれるので初心者にもおすすめです。紹介している1000番以外にも6000番まで種類があります。手ごろな価格からターゲットに応じて使い分けることも可能です。

シマノ アルテグラ

本体の素材を樹脂からCI4+に変更したことにより、種類平均で15gから20gの軽量化に成功。それでいてマイクロモジュールギアⅡで巻きのなめらかさが向上しました。また上位機種にも採用されているロングストロークスプールを搭載し、約4%も飛距離がアップして性能も申し分ありません。

ダイワ セルテート

ダイワ独自のライトタフコンセプトのもと、軽量しつつもパワフルな動きが可能。またストッパーレスボディにすることで、水や異物の侵入経路を減らし、ファイト中の不運なトラブルを限りなく軽減する構造をしています。ロングキャスト-ABSを採用して、ラインはスムーズに放出され、トラブルが起こりにくいです。

シマノ ヴァンキッシュ

ローター自体を薄くしたり、各パーツの見直しで従来モデルから軽量化に成功し、素早い動きに対応しやすくなりました。ボディには上位機種と同じ素材を採用することで軽量しつつもガタつきにくい高剛性を実現。1000から2500番手があり、紹介している2500SHGはバスから大物のトラウトまで狙える機種となっています。

ダイワ ルビアス エアリティ

重くなりがちなフルメタル製にモノコックボディを採用することで、軽量でありながら高い剛性が魅力です。ローターにはザイオンエアローターを搭載することで軽い巻き心地になりました。またドラグにはクイックドラグを採用し、少ないノブ操作でドラグの調節ができ、ATDでドラグ力をコントロールして釣果につなげます。

最高のひとときをお気に入りのリールと共に

リールをチェックする際に重要となるのが「年代」。シマノとダイワのロングセラーシリーズに用いられることが多く、例えば「18ステラ」や「14ステラ」、「19セルテート」や「16セルテート」といったように、リリース年を混同しないように表記されます。ハイエンドクラスの歴代モノとミドルクラスの最新モデルを比較する際は、機能のほか、価格帯なども含めたトータルバランスを考慮して判断するようにしましょう。

スピニングリールは繊細な機構を持っているので、メンテナンスは欠かせません。とくに海釣りでは、釣りから帰ってきたら潮を抜くためによく水洗いします。現在はほとんどのモデルが防水性能を持っているのでガンガンやっても平気です。

洗い終わったら水けをよく飛ばして陰干しします。乾いたら可動部にオイルをさしてあげれば完了です。これをするかしないかで、コンディションは大きく変わります。いつまでも最高のフィーリングを残すためにも、メンテナンスはしっかりやってあげてください。

コメント