【2022年版】厳選!サーフロッドおすすめ10選

fishingblog

見晴らしのいいサーフでの釣りは心地よく人気があります。フラットフィッシュを初めて狙ってみたい方や買い替えを検討されている方へ向けて、専用ロッドや流用性があるロッドまでご紹介いたします。不意な大物にも対応して最高の瞬間を得るために最高の一本を選んでみましょう。

サーフで使用するロッドとは

誰にでも気軽にエントリー出来るため、近年人気急上昇中のサーフフィッシング。

主にヒラメやシーバス、マゴチ、青物と美味しい高級魚が釣れることも人気がある理由の一つです。

近年は専用ロッドやフラットフィッシュ用カテゴリのロッドも充実しています。

サーフロッドは、長い部類になる「10ft以上」がよく推奨されていますね。

サーフのような広い場所だと、遠くに投げるだけ探れる範囲も広がるから、釣れる確率は相対的に上がります。「飛距離が重要」とされるポイントに合わせた結果だと言えます。

その他にも長いロッドを選ぶ利点があり、根ズレによるライン切れの防止と波があるサーフにおいてラインメイディングがしやすいという点にあります。

波打ち際でのランディングの際も魚との距離を保ちながら上げることが出来るのでサーフロッドが必要になるわけです。

代用ロッドとしては、旧来からシーバスロッドやショアジギングロッドが使わています。スペック的にも扱いやすく十分に対応出来るため、専用ロッドを持たないアングラーの方もいます。

今回はサーフロッドの選び方と扱いやすい人気のサーフロッドをご紹介していきます。

サーフロッドの選び方

レングス(長さ)

サーフロッドの長さは10ft〜11ftぐらいが主流。サーフエリアでは遠投が効く方が釣果に繋がりやすいので長いロッドが有利になります。

また、マゴチ狙いのように湾口部や河口域の場合では、10ftも長さが必要無い場合もありシーバスロッドで使われるような8.5ft〜9.5ftぐらいの長さの方が取り回し良く使えて便利な場合もあります。

ロッドの硬さ

ロッドには扱えるルアーの重さが決められており「M」や「MH」などのロッドパワーが設定されています。

サーフ向けロッドだとMもしくはMHぐらいのパワーが主流。フラット用ミノーやメタルジグで一番良く使う重量の30g〜40g程度が投げやすいロッドパワーを選ぶと良いです。※ロッドにもよりますが、表記されているMAXルアー重量よりもやや軽めのルアーが使い易いと思います。

メーカーによってパワー設定と扱えるルアーウェイトが異なるので、パワー表記だけ見るのではなく使用可能ルアーの重量を参考にすればOKです。ちなみに、マゴチ狙いがメインでワームとジグヘッドを多用する場合は、20g〜30g前後が扱いやすい少しライトなロッド(MLパワー)の方が使い易いです。

合わせるリール

10ftクラスのロッドであれば、4000番ぐらいのスピニングリールが最適です。他にも3000番や5000番ぐらいのサイズであれば問題ないと思います。ギア比はハイギアやエクストラハイギアがおすすめ。PEラインは1号前後、ショックリーダーはフロロやナイロンの20LB(4号)〜25LB(5号)を60cm〜1mを結束して使うのがおすすめ。

サーフロッドのオススメ10選

ダイワ オーバーゼア103M

多種多様な釣りに対応する、ソルトウォーターマルチキャスティングロッドとして発売されているオーバーゼアシリーズ。

エントリーモデルとしてダイワの技術が感じられるハイコスパモデルです。ブランクスに「X45」を採用し、ロッドのネジレを防止するとともに高い操作性とパワーを兼ね備えたロッドになっています。

なかでもダイワ オーバーゼア103Mは、適合ルアーウェイト10~50gと幅広い重さのジグが扱えます。自重も175gと軽量で扱いやすくジグの重さを乗せやすいので、サーフデビューにぴったりなロッドです。

アブガルシア ソルティースタイル フラットフィッシュ STFS-1032MH-KR

アブガルシアから発売されているソルティースタイル フラットフィッシュ STFS-1032MH-KRは実売価格1万円台前半とエントリーには嬉しい価格帯のロッドです。

ブランクスには「Xカーボンテープ」を採用し、ネジレを抑制しパワーとキャスト時の精度を向上。適合ルアーウェイトは11~42gですが、とくに扱いやすいのは16~35g。サーフのフラットフィッシュ入門機としておすすめの一本です。

シマノ ネッサBB S1002MH

シマノ ネッサBB S1002MHは、エントリーモデルでありながら高い操作性を生み出す「ハイパワーX」や、軽量で操作性の高い「CI4+リールシート」と上位機種に肉薄するシマノの技術が採用されているモデル。

S1002MHは適合ルアーウェイト10~45gのため、出番の多い30~40gのメタルジグを余裕でフルキャストすることができるので、初めてのサーフロッドとしておすすめのモデルです!

ジャクソン サーフトライブ STHS-1062M

サーフトライブ STHS-1062Mは、サーフフィッシングのメインターゲットとなるヒラメだけでなく、サーフに回遊してくる青物など、あらゆるターゲットにも対応することができるモデル。

10ft6inという長すぎず、短すぎないレングスは遠投性能と取り回しの良さの両立を実現。40tカーボンを採用したテーパーデザインブランクスはバランスが良く、持ち重りすることなく快適に釣りを楽しむことができます。

座布団ヒラメに対応するパワーを持ったバットは、MAX45gまでのメタルジグやプラグなどの高比重ルアーの使用にも対応し、サーフフィッシングにおいてあらゆる魚種に対応することができる、オールマイティーなロッドです。

ダイワ ラテオR 100MH

シーバスロッドとして展開されているダイワのラテオR。サーフゲームにも対応するロングレングス版もラインナップされています。

ブランクスに「HVFナノプラス」を採用し、ハイエンドモデルに肉薄する軽量化を実現。100MHは153gと非常に軽量で、高い操作性とフルキャストを続けるサーフゲームにぴったりなモデルです。

ミノーやヘビーシンキングペンシル、ワームなど多種多様なルアーを快適に扱うことができ、実売価格は2万円台とコストパフォーマンスも高い一本です。

ヤマガブランクス アーリーフォーサーフ 103M

メイドインジャパンで知られるヤマガブランクスのロッドは、その品質から高い人気を誇っています。

103Mは、アーリーフォーサーフシリーズの中でもっとも汎用性能が高いモデルで、適合ルアーウェイトは8~42g。

キャスト時のロッドのリリースポイントが広くなるように設計されているため、9センチクラスのミノーから40gほどのシンペン、軽量なジグヘッドまで幅広いルアーを快適に扱うことができます。

また103Mは、Mパワーのロッドでありながら不意な大物に対応するパワーと強度を持っているオールマイティなモデルです。

ダイワ オーバーゼア AGS 109ML/M

オーバーゼアシリーズの中で、ハイエンドモデルに位置するAGSシリーズ

他のオーバーゼアシリーズとの大きな違いは、4本継になっているという点。ロングロッドはその長さ故に持ち運びに困るときがありますが、オーバーゼアAGSなら4本継ぎで仕舞寸法が88cm(109ML/M)とコンパクトで、持ち運びに困ることがありません。

また軽量・高感度なダイワのカーボンフレームガイド、「AGS」や「SVFナノプラス」、「X45フルシールド」を採用し、軽さ・剛性感・高感度の全てにおいて優れているハイエンドロッドです。

109ML/Mは、10ft9inというロングロッドでありながら重量は179gと非常に軽量。また、MパワーのバットとMLパワーの繊細なティップを組み合わせたロッドで、高い遠投力持ちながら、小さな反応も感じ取ることができるサーフフィネスロッドです。

ヤマガブランクス アーリーフォーサーフ 109MMH

アーリーフォーサーフシリーズの中で、もっともロングレングスモデルなのがアーリーフォーサーフ 109MMH

10ft9inというロングロッドで抜群の遠投性能を持ちながら、大物を獲るため強靭なバットパワーと8g程度の軽量なルアーも扱いやすい繊細なティップを合わせ持っています。

また操作性と感度にも優れており、潮の変化や繊細なアタリなど、アングラーに多くの情報を与えてくれます。

適合ルアーウェイトも8~50gまで対応しているため、ランカークラスや青物までターゲットにしているアングラーにおすすめのロッドです。

メガバス 空海CK -108MHS
¥60,500 (2022/07/20 13:45時点 | Amazon調べ)

空海108MHSはロックショア、ゴロタやサーフ、大規模河川河口等の広大なエリアで、モンスターシーバスや青物、ヒラメを相手にロングシューティングで挑むことが出来るハイパワーロングシャフトモデル。

5Dグラファイトシステムによって、フルキャストでも直後にピシャリとブレが止まり、圧倒的な遠投性能とアキュラシー性能を同時に体感できる、これまでになかった異次元のロングシャフトフィールを実現しています。

Cookaiに導入した卓越したロッドテクノロジーの数々を存分に堪能して頂ける至極の一本です。

天龍 パワーマスターサンドウォーカー PMS1032S-MLM

パワーマスターサンドウォーカーはサーフフィッシングの全てのシュチュエーションに対応した、サーフ専用マルチシリーズロッドです。他のサーフロッドと比べブランクスが柔らかく遠投性能を控えめに、操作性を重視しているのが特徴です。

PMS1032S-MLMは遠投性と操作性を両立させたモデル。30g前後のプラグ類から最大50gまでのメタルジグをカバーしています。ブランクスが程よく柔らかいので長時間使用しても疲れにくいスペックとなっています。

最後に

広大なフィールドで“投げ続けること”が釣果に結びつくサーフフィッシングでは、重装備となりやすく比較的出番の多いルアーの重さやロッドの重さが疲労感として出やすい釣りです。

そのため遠投性能や軽快な操作性、アタリの取りやすさなどのメリットがたくさんあるものを選択して行く必要性があります。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのサーフロッドを見つけてみてくださいね。

コメント