最強!PEラインが長持ちするコーティング剤のおすすめ5選

メンテナンス

ルアーフィッシングのラインで主流となっているPEライン。飛距離が出て感度も良い為、キャスティングゲームやルアーフィッシングでは欠かせないラインになりました。長期間の使用でラインのコーティングがなくなってしまったり、劣化してしまったりする事でライントラブルやラインブレイクにもつながってしまいます。市販されているpeライン専用のコーティングスプレーを使ってメンテナンスをする事で、快適に少しでも長くラインを使用しましょう。

PEラインのコーティングは本当に必要か?効果やメリットをご紹介

多くのpeラインには、コーティングが施されています。摩擦に弱いのでコーティングが取れてくると、ツルッとしたラインが、ザラザラとした感触に変わり、酷くなると毛羽立ち始め飛距離や強度も下がります。

また、水弾きもなくなる為、ロッドにくっ付きやすくなりガイド絡みなどトラブルにも繋がります。

釣行の頻度にもよりますが、ラインの色落ちや感触が変わってきた感じた場合には早めにコーティングをする事で耐久性維持・飛距離・音なり防止・撥水性・摩耗低減などのメリットを体感することが出来ます。

使用方法は?誰でも簡単に出来てしまうのは本当?

使い方は非常に簡単です!前回の釣行後に洗浄メンテナンスし乾燥後のリールに巻かれたPEラインにシュッと満遍なくスプレーするだけです。

スプレーした後は自然乾燥させ、乾いたらコーティングの完了です。

釣行前日など、少し時間があるうちにスプレーすると良いと思います。

たったコレだけで劣化も防げますし、次回の釣行時も楽ですので、片付ける前にスプレーするのもオススメです。

注意点としては、必ずラインが乾いた状態の時に行う事と、スプレー缶は危険ですので高温になる場所は避けて保管する様にしましょう。

PEラインのコーティング剤オススメ5選

VARIVAS(バリバス)PEにシュッ プロ仕様

スタンダードな従来品のPEにシュッより撥水効果を高め、耐久性、摩擦低減が格段にレベルアップしたのが、こちらのプロ仕様です。

50mlでコスパ的には高価ですが、お値段に納得するほどの効果を得ることや体感することができます。

他社メーカーのPEラインにも相性良い製品でPEラインのみならず、ナイロン、フロロなど他のラインにもコーティング出来るのもポイントです。

SHIMANO(シマノ)PEライン アクティブスプレー

シマノから出ている専用のコーティングスプレーです。

使い方は同じく、シュッとスプレーするだけの簡単なコーティングです。こちらはシマノ製ラインへの相性のみしか確認出来ていませんが評価が高い製品です。

撥水効果がアップする為、糸が水に纏わりつく事がなくなります。

値段も1000円弱と手にしやすい価格と、一流メーカーから出ているだけあり安心感もあります。

SUNLINE(サンライン)POWER UP LINE COAT Speed Dry(パワーアップラインコート スピードドライ)

環境負荷軽減の目的でフッ素を使用しない撥水剤を厳選し、フッ素フリーでありながら100°を超える高撥水を実現している。

コーティングもムラになりにくく、速乾性なのも嬉しいポイント。

Fishman(フィッシュマン)PE革命

特殊なケイ素を利用することでで空気に触れるとガラス質の膜になるようです。

ガラス質と聞くだけで滑りが良さそうですが、ラインに浸透することでコシのなさが弱点のPEラインに張りを持たせる効果が得られます。

ラインに張りが得られることでライン放出時のラインの暴れを低減させることができ、高切れなどのライントラブルを減らす効果や飛距離を伸ばす効果があります。

タカミヤ REALMETHOD PEラインコートスプレー

他メーカーと同じく飛距離アップと、耐久性の維持に効果的です。

独自の撥水効果によって、糸沈みも良くなるため、船釣りなど真下に落としていく釣りにも効果的です。

最後に

施工が簡単な上、トラブルも激減してしまうPEラインコーティング剤を使わずにはいられません。

お好みで市販のシリコンスプレーをご使用されている方もいますがリールへの影響も考慮して釣具メーカー製のものをオススメ致します。特にラインメーカーのスプレーは相性良く作られているのでオススメです。

楽しくノントラブルで気落ち良くルアーをあなたもキャストしてみましょう!

コメント